「タバコはお肌の大敵」

「タバコはお肌の大敵」

美肌の大敵、タバコお肌に及ぼす影響。

お肌が荒れた時に始めにやらなきゃと思うのは、そと側からケアですよね。
パックをしたり、マッサージしてみたり。

 

でも、お肌が荒れる原因で外側からだけではないんです。
たとえば、タバコです。「タバコを吸う人はお肌老ける」という話聞いたことがありませんか?
タバコには、約200種類以上有害物質が含まれているため、
お肌老化を促進する原因ひとつである紫外線と同じぐらい大敵なのです。

 

タバコに含まれるニコチンは、血行を悪化させるので毛細血管などの末梢に栄養が届かなくなります。
すると、栄養が届かなくなった部分の体温が低下しお肌にもくすみや乾燥などのトラブルを
引き起こすのです。
また、皮膚の再生と助けるミタミンCをタバコは破壊してしまいます。
成人に必要なビタミンCが100mgだと言われています。
レモン1個が約20mgだとすると、タバコを1本吸うごとにレモン5個以上は食べなくてなりません。

 

タバコはお肌だけでなく、体内のいろいろな所にも影響をおよぼします。
きれいななお肌を保つには体自体を健康しおかなければならないのです。

 

他にも、タバコの煙は毛穴よ汚れや肌の黒ずみの原因にもなります。
体の中からだけでなく、外からも危害を及ぼすタバコ美肌の最大の敵を言えるでしょう。

 

しかし、タバコやめるてストレスになり暴飲暴食としてしまってはそれも問題です。
禁煙出来れば一番ですが、無理はせず本数を制限するなりして
生活習慣を考え直してみるのもいいと思います。