「ヨーグルトとお肌の関係」

「ヨーグルトとお肌の関係」

ヨーグルトを取り入れ健康お肌と手に入れよう。

低カロリーで腸にやさしいヨーグルトはお肌にもいいです。

 

お肌のトラブルの原因に紫外線や大気汚染・化学薬品といったものがあげられますが
内臓の状態が及ぼす影響も大きいと言われています。
まずは、正しい栄養補給と内臓のケアが大切です。
健康なお肌をつくるためにはたんぱく質やビタミンA・C・E等を十分に摂取し
皮膚の新陳代謝を活発にすることが大切です。
その為には、乳酸菌を取り入れて腸内環境を整えることが重要です。

 

乳酸菌を効率よく摂取する為には、消化吸収のよさや手軽さと考えると
乳製品の中でも、ヨーグルトから取り入れるが効果的です。
ヨーグルトは、乳酸菌を腸まで届けるのに優れているからです。
また、漬物や味噌といった醸造製品に比べ塩分を取らずに乳酸菌を補給でき
同時にカルシウムなどの栄養素も同時に補給することができるのです。

 

ダイエット聞くと「体重を落とす」・「痩せる」といったイメージですが
本来は治療や減量をするための食事や健康作りを指す言葉です。
乳酸菌はダイエットに重要な排泄や代謝を整えるために効果的です。

 

その乳酸菌を取り入れることによって腸内に有機酸が生成され
有害菌の増殖が抑えられます。すると、腸内腐敗の抑制や腸内菌叢の正常化につながり
排泄や代謝が促進されることで健康的が体を作り出すことが出来るのです。
体の中が健康になれば、自然とお肌にもいい影響を与え肌本の状態を取り戻してくれるというわけです。

 

まずは、腸内環境を整えてみましょう

 

花粉症とヨーグルト

 

花粉症は長年の悩みですが、最終的にはレーザーで鼻孔内の組織を一時的に焼き切れば花粉に反応しなくなります。

 

それは怖いという人に試されているのもヨーグルトです。

 

カルピスのアレルケアというL-92乳酸菌が花粉症の症状を緩和することが分かっています。

 

花粉症になると涙で目の周りの細菌バランスが崩れて肌荒れしやすくなります。花粉症で直接荒れるというより、涙とそれを拭き取る刺激で荒れてしまうのです。

 

だから花粉症を治すことは肌荒れ予防になり、肌を綺麗にする美容法となるのです。

 

cf.体の外からの花粉症対策